残骸 別館

感想文です.

映画感想 4/19〜4/28

4/19 黒い十人の女

ずいぶん前に録画しておいてBDに入れておいたので見ることにした。監督は市川崑なのでフランス映画っぽい画だった。この映画はおしゃれサスペンスですね。とにかく憎めない不倫する男が船越英二なのでちょっと滑稽なところがマッチしてよかったですね。しかしおしゃれサスペンス。いろいろと女のドロドロでどす黒い部分が後半につれて濃くなっていくのがすごい。ラストの燃えるダンプカーだったかトラックがいろいろな意味が出てそうで怖かった。モノクロ映画だけどコントラストを活かしたのがカラーと違う味を引き出してるところもオツでした。

 

4/20 浮草

小津安二郎の映画もあったことを思い出して、本当は秋刀魚の味が見たかったけど、丁度コレも見たかったので見た。いいですね。最高の夏っぽい映画でしたね。特に物語も登場人物の説明とその場での事件が起きてその後どうなっていくかという過程の一部をトリミングするところはシナリオとしてはシンプルでベーシックなのに小津安二郎の画の魅力的なカットやアングルが映える。いいですね。最高です。特によかったのは序盤に到着してビラを撒くシーンと郵便局で誘うシーンと夕立の中で口喧嘩するところとかがよかったですね。いいですよ、小津安二郎

 

4/21 秋刀魚の味

20日に見たかった映画でしたが、これもよかったですね。浮草とまた違って、団地が出来上がる東京の穏やかさっぽいところとか、ショットバーに先生のラーメン屋とかいいですね。やっぱり小津安二郎の映画の低い位置から撮影するのは座敷文化しか出ないアングルなんだろうなと思った。低い位置な分、見る人間もその一部始終を目にするところがドキュメンタリーっぽくて、その辺が日常を舞台にした映画としてはいいリアリティなんだろうなと思う。最後の酔っ払ったお父さんのシーンは哀愁があってよかったですね。

 

4/24 巨人と玩具

すごくドロドロして黒い映画でした。カラーでしたけど、なんともどす黒い映画でした。黒い十人の女と比べたら、まだ黒い十人の女はサラサラしている映画だったけど、こっちは企業のわがままと大人の汚さと振り回される個人がグルグル渦巻いていくところがなんともギトギトした映画だった。良かったというと気分を落とす映画だったし、内容も封切りしたころから変わらない体質をずっと引きずっている社会なので、思いっきり気分が悪くなります。明日から無職になる人にはオススメの映画ですね。

 

4/26 鷲と鷹

検索をかけると大体邦画の方が出るけど、こっちはアメリカの西部劇の映画です。リーヴァン・クリーフが渋い。渋い俳優が渋くクールに演じるのはとても宜しいですね。この映画は盗賊団が開拓したばかりの川沿いの町から住民を渡し船で守ってイカサマ神父をボコボコにして、方や強盗団のリーダーは薬でダメになっちゃうし、狩に出てた旦那を人質にしたらおもいっきり馬を逃がされて人質もとられちゃって、最後は神父が作ってた教会をバラして作った船で渡し船を強襲しようとしたけど返り討ちにやられて終わるという映画だったけど、これはこれで見る映画としては楽しかったし、よく見る西部劇としてはなかなか見ない船を使った映画だったし、これはこれでよかったですね。しかし強盗団、お前たちもう少しなんとかできなかったの…。まあ悪党なので仕方ないけど。

 

4/27 狼たちの午後

ドックデイズつって、アメリカとかヨーロッパの方は猛暑の時を示す言葉らしけど、邦題なんとかできなかったのかなと思った。しかし結構面白かった。銀行強盗に失敗して、警察と交渉する中で銀行強盗側と銀行員たちのやりとりが面白かったし、終盤までは緊張感が無くて犯人側よりもそれを煽る野次馬とマスコミに刑事が逆に事件を加速させていくのが描かれていた。犯人側はシンプルな計画で終わる筈だったのにいろいろとややこしくさせていくのと、最後に仲間が撃たれて逮捕される時にアル・パチーノが悔やむところは今までのシーンが全て悲しく見えてくるのは面白かった。とてもよかったですね。

 

4/28 探偵物語

ザ・角川映画です。薬師丸ひろ子が可愛いですね。松田優作もカッコイイですね。まあ角川映画絶頂期の映画でしたんでアイドル映画なものでしたが、なかなか面白かったですね。しかし本当に当時こんな感じの文化だったんですかね。田舎でしたしまだ生まれてない頃のでしたんで、まあそんな感じの文化でしたんでしょうね。しかし若い女優さんがホテル街を歩く…。すごい映画ですね。

ひるのいこい選曲(3/13〜3/14+3/18)

テーマは「学生」でした

 

3/13

1.ハナ肇クレイジー・キャッツ「学生節」

2.佐野博美「高校三年生」

3/14

1.安達明「女学生」

2.ケルン・サロン・オーケストラ「女学生」

3/15

1.木之内みどり「学生通り」

2.松本孝弘「学生街の喫茶店」

3/16

1.宮城まり子「僕はバイトの大学生」

2.アントン・カラス「学生が歩いて行く」

3/17

1.守屋浩「学生小唄」

2.井上宗孝とシャープ・ファイヴ「学生時代」

 

3/18は「卒業」がテーマでした

1.尾崎豊「卒業」

2.松田聖子「制服」

3.茨木智博「青春の輝き」

映画鑑賞記『ニューヨーク1997』と『マイルーム』

ついこの前の金曜日がとても寒く、雪でも降るんじゃないのかと凍えていたが、土曜日と今日なんかはとても暖かかった。正確に言うと日が出ているところはだが。

しかし今年は憂鬱感で心の底がえぐられる。多分季節の変わり目だからだと思う。

体重を落としに歩きに行ってもいいが、如何せん腹の調子が悪い。昨日は頑張って歩いてはいたが、日陰と汗をかいた体が障ったんだろう。そうなると外に出て運動する気も起きない。全くダメだ。

本を読むのもインターネットのクソまとめサイトなんて読む気もない。こんな日は撮り溜まった映画を見て、お茶を濁すに限る。

僕が撮り溜めた映画はBDに入れてあるが、多分全部見るには一生では難しいくらいになっていると思う。毎日見れば変わるだろうが、そんな流し見ることもできない。

 

そんな中で2時間もある映画は疲れると思い、1時間弱の映画を選んだ。

 

1:ニューヨーク1997

1981年に公開された映画だが、どことなく世紀末感のある映画だった。まあ1997年は1981年の人間にとって世紀末だろうし、北斗の拳でさえ199X年だからな、と思った。

映画は大統領機がニューヨークのマンハッタン全体が刑務所となったところに墜落し、脱出した大統領と核融合のデータが入ったカセットテープが刑務所内のボスとされるデュークに拉致され、大統領の救出とカセットの回収を丁度護送された主人公スネークが体内に埋め込まれた爆弾と引き換えに命がけでニューヨークへ向かう。

というものだが、この作品はかなり楽しめた。

まず突然のBGMと全編暗闇という中が、スリルのある作品となっているのがよかった。マンハッタンに突入後に現れる人影に、古びた喫茶店なのかレストランの床が抜けたりする際など、突然発砲するのはやめてくれよ、と思わせるくらいドキドキさせた。多分エイリアン見た時くらいドキドキしたと思う。

 

と、ここまでは真面目な感想だ。あとは突っ込みどころ満載の感想である。

 

まず突入方法が援軍ナシのグライダーで世界貿易センタービルに無理やり着陸させる。リーヴァン・クリフが市警察長でクールにキメてるのに、これは何だ!?と思っちゃったけど。

だがそれを超えるのが貿易センタービルに入って最初の連絡を入れた後。

謎の人影が映り「おっそういう映画か!ワクワク…」と思ったが、襲われることも現れることもなく何事もなかった。少ししてから浮浪者となった囚人が襲ってくるのがあったけど、あの人影と結びつけるには難しい。一体何だったんだ…。

さてタクシー運転手に助けてもらってから旧知が住まいとしている図書館で、黒幕のデュークが車でやってくるが、何だそのダサいシャンデリアが付いてる車は。

窓に柵を貼ったりして刑務所内の荒くれ者たちの対策にしてるのはよしとして、そのシャンデリアとミラーボールは何なんだ。

あとデュークは始め後部座席に乗ってるのがそうだと思ったらボディーガードみたいなゴツい黒人の方だったのは。さっきの謎の人影並みに肩透かし食らった感があった。

 

しかしまだ突っ込みどころ満載なのだが、あまり書き過ぎても映画の魅力がなくなってしまうので我慢しよう。

最後の最後だが、重要とされる核融合についてのカセットが、まさかの音声だとは笑ってしまった。その辺はSONYヒットビットよろしくのように、データにしてあって欲しかった。まあエンディングはそれを逆手にとってあったからよかったけど。

 

しかしとてもいい映画だった。テンポが良く、映画特有のギリギリ間に合うんですモノだとは理解して見てたけど、次々と策や手が打たれていく中で「どうなっちゃうんだ!」というのが畳み掛けるようにあり、そんなピンチもなんとかすり抜けていくのがとてもよかった。

主人公もスネークと呼ばれ、特殊部隊出身というものと無精髭とアパッチ、まさにメタルギアの元ネタになったものとすぐわかる。

あと核融合のデータにラストシーンに出てくるカセットテープは、最新作で新しいスネークに世代交代するオマージュなのかなと思うと、小島監督はこの作品に対しての愛が込められるんだな、と思った。

 

2:マイルーム

ここまででやめても良かったが、まあ1時間弱でいい映画だったのでもう一本見ることにした。

 

この作品は、白血病と診断された主人公が、疎遠となっていた妹とその子供達が骨髄ドナーとなってオハイオからフロリダへやって来て、妹と姉、姉と長男、上手くいかなくなってしまった母と息子など、交流と病気への不安を明るく向き合う作品だった。

この作品は今年注目されたメリル・ストリープに若い頃のレオナルド・ディカプリオ、掛かりつけの病院の院長にロバート・デ・ニーロとあり、なかなかの顔ぶれ。

やっぱりアカデミー賞俳優が演じると、自然な感情の出し方だったり葛藤があって凄いなぁ…と思った。

自己中心的な親だったり、そんな親に反抗する息子だったり、互い互いの方向が徐々に一つに向いていく映画で、まあそれがベターなものだと思うが、それを演じる役者に、べタッとしたサーモンピンクがうっすらあるフロリダの海岸だったりハイウエイなど、映像が合間ってて、悲しいけど明るいメリハリのある作品だった。

個人的に好きなシーンは、長男のハンクとベッシーが車に乗ってフロリダの海岸を走るのがとてもよかった。どこかべタッとした日差しとサーモンピンクが少しかかったあのシーンは、投げやりなハンクと先が見えないベッシーが打ち解け合うのが心地よかった。

 

3時ごろに見始めて6時過ぎに見終えた。紅茶と柿の種を頬張って日曜日が終わると思うとガックリしてしまうが、こういうパンチとソフトのある作品を楽しむのもまた日曜日らしく、オツなものだと思う。(2017-3/12)

 

ひるのいこい選曲(3/6〜3/9+3/11)

テーマは「追悼 かまやつひろし」でした。ご冥福をお祈りします。

3/6

1.平川洌「なんとなくなんとなく」

3/7

1.ザ・スパイダースノー・ノー・ボーイ

2.かまやつひろしゴロワーズを吸ったことがあるかい」

3/8

1.かまやつひろし「ギター・マン」

2.内田勘太郎「どうにかなるさ」

3/9

1.吉田拓郎かまやつひろし「シンシア」

2.ベンチャーズ「我が良き友よ」

・3/10は韓国大統領弾劾裁判のニュースでお休みでした。

 

3/11は「東日本震災の日」として復興をテーマにしたものでした。

1.DREAMS COME TRUE「何度でも」

2.桑田佳祐「明日へのマーチ」

3.森下滋「花は咲く」

 

ひるのいこい選曲(2/27〜3/2+3/4)

テーマは「桃の節句・ひな祭り」でした

2/27

1.細野晴臣「恋は桃色」

2.石田長生「メモリアル・ピンク」

2/28

1.山本正之「桃の花」

2.エミール・ヴィクリッキー・トリオ「悲しみの桃の木」

3/1

1.ミス・コロムビア「桃の花咲く」

2.本田雅人「桃色散歩道」

3/2

1.森昌子「雛ものがたり」

2.神山純一「カラー・ウイスパー~桃色」

3/3

1.友川かずき「うれしいひなまつり」

2.ヘルシンキ・フィルハーモニック・ストリングス「うれしいひなまつり」

 

3/4土曜日のテーマは「卒業」でした

1.海援隊贈る言葉

2.斉藤由貴「卒業」

3.垂石雅俊「3月9日」

ひるのいこい選曲(2/20〜2/24+2/25)

今週は「船村徹 追悼」でした。ご冥福をお祈りいたします。

 

2/20

1.村田英雄:王将

2.船村徹とおるけすた・てぃぴか:別れの一本杉

2/21

1.ダ・カーポ宗谷岬

2.沢中健三:矢切の渡し

2/22

1.内藤洋子:白馬のルンナ

2.富士松菊三郎:風雪ながれ旅

2/23

1.海道はじめとスナッキー・ガールズ:スナッキーで踊ろう

2.船村徹:ダイナマイトが150屯

2/24

1.船村徹:サヨナラ

2.船村徹:追憶(カラオケバージョン)

 

ちなみに土曜日2/25は、

1.チューリップ:心の旅

2.南沙織:早春の港

3.藤井尚之:Time after time

でした。

ひるのいこい 選曲 (2/13〜2/17+2/18)

今週のテーマは「世」でした。

 

2/13

1.神田千鶴子:唄の世の中

2.ヘインツ・ギャンパー:この世は幸せ

 

2/14

1.斉藤哲夫:とんでもない世の中だ

2.バド・シャンクfeat.チェット・ベイカー:この世の果てまで

 

2/15

1.矢追婦美子:それが世の中

2.フランシスコ・カナロ楽団:世の中はこういうもの

 

2/16

1.日吉ミミ:世迷い言

2.シドニー・ベシェズ・ブルーノート・ジャズメン:冷たい世間

 

2/17

1.エノケソ:あの世はパラダイス

2.イノ・ヒデフミ:もしもあの世にいけたら

 

 

因みに土曜日は

2/18

1.森田公一とトップギャラン:青春時代

2.イルカ:なごり雪

3.深町純:蕗のとう

でした。