読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

残骸 別館

感想文です.

東京写真美術館 -3F 総合開館20周年記念 TOPコレクション 東京・TOKYO/2F 総合開館20周年記念 東京・TOKYO 日本の新進作家vol.13/B1F アピチャッポン・ウィーラセタクン 亡霊たち-

f:id:kobosaku:20170119195648p:plain

この日はオフ会が夜に行われるということで前日に「その次の日に行こう」と弟の家で練っていたが、どうせそれまで暇なんだし、弟も口うるさく居づらいので11時ごろに家を出た。

昼頃に新橋を降り、道を彷徨いながら新橋のタミヤに着いた。先ずは今日の目的の忠臣蔵のプラモデルを購入する。このプラモは元々1970年代頃のもので、古い広告が好きな僕としてはコレが再販すると聞いて喜んだ。しかし以前中古で買ったアメリカ軍トラックのプラモを作る為に模型屋へ相談しに行った時に「まあタミヤさんは平気で絶版を再販するからねぇ」と言ってたのを思い出し、苦い顔を店頭でした。ナイスといべきか、レア殺しというか、なんというか。

新橋を後にして恵比寿に来た。昼も過ぎてたのでココで何か食うかなと思ったけど、僕はどうやら方向音痴となったようだ、というより改めて実感した。新橋にその前の日に行った神保町といい、またも彷徨い続けた。

仕方ないと思ってコンビニでサンドイッチとコーラを買って公園で食べた。携帯のマップを見てガーデンプレイスを探し出したけど、ここ最近バッテリーが不調らしく、さっきまで98%だったのがもう既に67%となってオロオロし、現在地を把握すると目の前がガーデンプレイスだった。「おおっラッキー」と思ってしまい、悲しくなった。

大学生の頃「一度は行ってみたら」とゼミの先生に言われ、母と共に姉の家へ遊びに行くついでに寄った。当時は写真新世紀の受賞作が展示されていて「ほぉ〜」と言いながら後日都内を彷徨い続け、小学生のように夜の9時に寝た覚えがある。

今回は母が「ラジオで紹介してた」「ミニチュアみたいに偶然撮れた作品がある」という情報だけで見に行った。

久々に美術館に入った気がする。最後に入ったのは確か大学4年のとき、豊田市美術館の写真作品を見に行ったときだったと思う。

仕事でカメラマンをしてたが、どうにも仕事として写真を撮ることに嫌気がさして写真を撮ることをやめて1年が経ったが、作品を見るのはやはり面白いなぁと思った。

今回特に面白いと感じた作品が元田敬三の<OPEN CITY>だ。

東京はいろんな人がいる街で個性だったり生き方が多様だ。田舎に住む僕としては人の多さとビル群で結構参ってしまうけど、被写体としても人としても結構味わいのある場所だと思う。そういう中からこのスナップには色々な情報が詰まっていて、それでもってモノクロの作品というところが一人一人味わい深い人物に出ていた。僕はそういうにじみ出る旨味の作品に、とくにスナップには憧れがある。でもいざやってみようとするとこれがかなり勇気がいる。「あ、勝手に撮って怒られやしないかな」とか「撮ってみたけど大丈夫だったかな」とかいろいろと周りを気にしてしまう。学生の頃に一度やってみようと試みたけど、なんだかそういう事を気になってしまって今でも一歩出せずにオロオロして撮影に出た。

元田氏の作品を見て思ったのだが、やはりモノクロ作品というのは改めて見ても撮っても面白いなと思った。特にカラーと違って、撮影時に出たノイズも作品の一つとなって愛おしい。もっというと高解像度高画質なキリッキリ写真よりもコントラストの上下が激しいものに出来上がったり撮れたりすると「オオッ!」と興奮できるのもいいところだ。

最後に地下一階にある『アピチャッポン・ウィーラセタクン 亡霊たち』を見た。3階から順に見てきたが、やはり東南アジアという地は僕に潜む好奇心の集まった最骨頂の地、という気がした。作品を見てて思ったのは「なんだかよくわからないけど何かあるぞ」ということと「なんだかよくわからないと思うところにも文化と歴史があるぞ」という無から始まる何かを知る旅録みたいな作品だなと思った。

とくに墓参りのように花火を焚いて死者を呼ぶような映像から、日本にもお盆があるようにこの作品からでる神秘的なところがまた通じるようで不思議な感覚が出てくるというところが面白い。そうかそういう風に記録しての芸術(ドキュメンタリーのような)作品として展示する表現に「なるほどなるほど〜」と思った。

作品を見終わって2階のミュージアムショップで今回の展覧会の本を買った。以前寄った時はあの写真集欲しいとか色々思ったけど、やはりここへ来たらこの時にみた作品集を買うべきだなと思った。

しかし慌てて作品を見終えた訳ではなかったのに、オフ会までまだ数時間もあることに気づくと全てやりつくしてまった為、山手線に乗り一足先にオフ会会場のある新宿へ行った。が、見るものもやることもなく、ただボーッと街を練り歩いた。歌舞伎町一番街に初めて足を運んでは見たが、そんなに長くなかったのが、またなんだか残念な気持ちになった。気付いたら携帯の電池も無くなりドトールで多めのコーヒーを啜りながらオフ会の時間まで何時間も待つしかなかったのであった。しかしどうも彷徨っているのか迷子になってるのかわからないな。(2016 12/28)

年末年始のテレビと映画

久々に東京に行き、弟の家にお邪魔してイベントや写真展を見に行ったりしてた。
弟の家はテレビが見れないらしく、代わりにAbemaTVやAmazonプライムで映画やアニメを視聴した。

1.鷹の爪団 THE MOVIE 〜総統は二度死ぬ〜
東京に着いて2日目に雨が降り、前日に神保町や湯島に上野界隈を練り歩いて疲れたので家でゴロゴロしながらも映画を見て体を休めていた。
鷹の爪団は第一シーズンを見ただけだったけど、制作費ゲージに左右されて絵がちゃっちくなったりしたのを二人でゲラゲラ笑って見た。特に簡単なFlashアニメーションによる制作から、突然3Dモデリングで制作費を一気に使ってしまうところが最高によかったし、あのくらいブッ壊れたアニメは無理だと思う。◎

2.仮面ライダー対ショッカー
初代仮面ライダー東映マンガまつり特別版みたいなので、短編映画っぽく尺の短い作品だった。短いので見やすかったけど怪人がこれでもかと言わんばかりの大軍団がアララ〜と言う間に倒されていくので、もし当時自分もリアルタイムで観たら「戦闘員じゃん!」とガックリ落ち込んだりしたんだろうと思う。尺も短いので変な妥協の仕方があって「ま、子供向けだからか」と思うくらい唐突に終わったし、弟は雑な演出にゲラゲラ笑っていた。◎

3.仮面ライダーV3デストロン怪人
「対ショッカー」と比べると同じ尺の割には演出やシナリオがグーンと上がり、二人して「オッ」と思った。でも「えーっ!そこなの???」とツッコミ入れたくなるところがあり、ゲラゲラ笑えたので◎。

4.飛び出す立体映画イナズマン
「飛び出す」と言われちゃったらあの青と赤のセロハンが付いたメガネをかけないと飛び出さないアレだ!と思ってセロハン無しで視聴。東映マンガまつりのヤツなのでゲラゲラ笑った。ちょっと短すぎ○

5.マジンガーZ対暗黒大将軍
スパロボをやってから元の作品を見ると「かなり雑だったんだ…」なんてちょっとショックを受けた。あと超合金Zってもっと硬いと思うゾ!最後に登場するグレートは明らかに「今まで何してたんだ!」となりそうだったけど、まああんな強さ見せ付けられたら子供はひるみそう。○

6.グレートマジンガーゲッターロボ
ギルギルガンってココからの出典だったのか〜、と納得して見てたけど何で侵略を企ててた異星人たちがギルギルガンの為に犠牲になるんだよ。△

7.グレートマジンガーゲッターロボG 空中大激突
ムサシが初っ端から犠牲になるのいるのかな…と思った。グレートブースター再装着可能なら最高だな。△

8.UFOロボ グレンダイザーグレートマジンガー
前の3作に比べると作画に演出がググーンとレベルアップしてて、とても良かった。でも甲児はマジンガーZ乗って欲しかったしどうして展示されているブレーンコンドルにグレートは使えるんだよ。燃料抜いとけ。というより本編でもグレートと助けに出ても良かったんじゃ?○

9.グレンダイザーゲッターロボグレートマジンガー 決戦!大海獣
今までの東映マンガまつり作品をまるで「なかったこと」ばりに演出が豪華。というよりこの頃のダイナミック企画のロボ全部出して映画にしてたら興行収入すごいことになったのでは?とか思った。せっかくいっぱい出たんだからドラゴノザウルスよりも宇宙からの侵略とかの方が良かったのにな…とか思った。でも満足。◎

10.無敵鋼人ダイターン3 第1話 出ました!破嵐万丈
せっかく見れるということで1話だけ見ることにした。意外とロボットグイグイなアニメだろうなと思ったけど「富野由悠季ルパン三世」っていう感じでなかなか良かった。◎

11.勇者特急マイトガイン 第1話 あれが噂のマイトガイン+第2話 吠えて発進!ボンバーズ
小さい頃、勇者シリーズを始めて目にしたのがジェイデッカーだと思うけどリアルタイムで見れたかは覚えていない。何となく思い出せるのがゴルドランあたりからだけど、当時から見たかったのがマイトガインだった。流石に全話見る力もないので1,2話見た。けどこれが結構青臭かったし、なんか尻むず痒い感じだった。スパロボで参戦するらしいので「おっ、この辺で万丈が出てきそう」とかあってちょっとワクワクした。1,2話だけだったのでその後もこの演出のままだったらと思うと△。でも新ロボカッコイイし多分色々展開して作品の方向が変わっていくのを考えると○。ヒロインが良い…

12.装甲騎兵ボトムズ
文句なし。◎

13.コマンドー
文句なし。全部よし。◎

14.ポケットモンスター(無印) 1. ポケモン!きみにきめた!
第1話のみ視聴したけど、初回放送をVHSで録画するためにGコードで予約した思い出がある。当時木曜日は習字があり、行く前に予約して帰ると丁度放送が終わっていた。よく姉が木曜の怪談が見たいが為に急いで書いてダッシュで家に帰るのがあった。そのため弟の為にポケモンは録画しておこうと思ったのを思い出し、ちょっとジーンとしたが見てた本人が「全く覚えていない」と言ったのでショックだった。ピカチュウの声がまだピカチュウじゃなくて「可愛い何か」だった。あと括れのないピカチュウが一番可愛い。演出がかなり凝っていて良かった。◎

んで実家に帰り、紅白をちょっと見た。帰宅後はかなり眠くて死んだように寝た。
年始はとくに見たものは少ない。
BSでやっていたバック・トゥ・ザ・フューチャーの1,2,3を見て、孤独のグルメシーズン5を全部見た。
お正月だった。おわり

12月視聴レポート

Netflixガンダムシティーハンターがモリモリ入り出してめでたくなった。

08MS小隊に0083見た。いいですね。08小隊は当時にセガサターンじゃなくてちゃんと初代ガンダムリマスター化してやっておいたら最高だったのにと思いました。0083が出るならF91も出してくれ。というよりガンダム仮面ライダーも全部出してくれ。できればマジンガーZグレートマジンガーとかの古いのを。

シティーハンターも見ました。大体は漫画の話だったけど、やっぱりいいですねスケベハードボイルド。1だけだったので、多分2や3は別で出すんだろうなと思いました。あとルパン多すぎ。見ますけど

気がつくとボトムズZガンダムも入っていて、年末に向けてサンライズが頑張りだした感じがあり、めでたかった。見ます

視聴レポート

・映画スタートレック1〜7
カーク船長からピカード艦長までのスタートレック見た。やっぱりピカード艦長の方がリアル感あって面白い。新作は余り期待してません。

カードキャプターさくら
クロウカード編、見ました。よかったですね。作画もしっかりしてて、力入れまくってましたね。はにゃーん

・VHS 1996年頃と2000年(?)頃の何か録ったの
冒頭ミュージックステーション池袋ウエストゲートパークが入ってました。
高島家が一同集まって写ルンですのCM出てました。よかったですね。

視聴レポート

1日ポルノ見てました。とくにピーンともきませんでした。なんなんでしょね。

ニュースは交通事故が目立ってました。気をつけましょう。

昔録っておいたモヤさま見てました。祐天寺回、いいですね。濡れる女子アナばんざーい!

視聴レポート

Netflixでmarvelのドラマを1から見ています。いいですね。ニューヨーク内の話を中心にしてるようで、アイアンマンの社長とかキャプテンアメリカとか何処かに所属したり豪勢な生活をする以外の一般生活を送るスーパー超人ドラマで、そんなにヒーローヒーローしなくて良いですね。あっさり塩味です。
で、良かったのがジェシカ・ジョーンズとルーク・ケイジ。ジェシカ・ジョーンズは女性ヒーローというより、病んでる超人酒浸り女探偵物語という感じであり、脇役で出るルーク・ケイジがいい兄貴感が出ており、なにより硬い超人で良かった。
ルーク・ケイジは黒人文化・黒人社会(社会といっても人情や政治とか、黒人内の歴史や人々)を中心に他の作品から独立した感じで、ニューヨーク人間文化らしくて良かったですね。
まだ色々と出るようなので、とりあえず首を長くして待ってろ、だそうです。

BS映画でトゥルー・グリットを見ました。とても良かったですね。2010年の西部劇ものでジョン・ウェイン勇気ある追跡のリメイク。
で、結構リアリティのある演出が多いので、のめり込んでいくのが深かったので映画というより登場人物の女の子の記録っぽかった。映画だけど。特に酔っ払い保安官と新米レンジャー隊員たちの人間模様がうまいなぁと思った。というより俺は毎回映画を見ると、そんなことを毎回思って感心する。成長がない。

映像を見た話じゃない話だが、VHSデッキにそのままPCに繋いで保存できるケーブルがあるのを見つけた。大学時代は8mmテープハンディカムを取り込むためにデッキを引っ張り出してたけど、それができるのがあるなら買おうか考えている。ただ、デッキのヘッドが死んでたらコスト高いと思った。

視聴レポート

ラジオ ひるのいこい
今週の曲テーマが金なので、金のついてるものかなと思ったら"キャッシュカード"が出て来た。なるほど。

6時の地方ニュース
三重県の町議員が銃持ってたの、さらに詳しい一報が今日も放送してたけど、町議員の家がどう見てもヤクザの家っぽく、ズームインする度に周りの田舎町にヤクザの家がドーンと構えてる画が出てくるのがすごかった。よい
あと三重の修学旅行を数学の授業だったりした学校のニュースがずっとやってるので、今年は三重がホットだなと思った。

VHSに保存されてたCM
1995年か1997年頃のCMを発掘した。よかったですね。