読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

残骸 別館

感想文です.

映画消化(2/4)

風邪が悪化していく予定だったスキーを取りやめ、ボーッとしながらコタツに入って録画し貯めた映画を見た。

 

1.12人の優しい日本人

たまには邦画も見ましょうと思って、そうだなぁ、時代劇も色々あるけどなぁ、と思ったけど探すのがめんどくさくなったので最近録画した12人の優しい日本人を見た。

映画自体は知っているけど、ちゃんとした内容は見た事がなかった。出演する人間が個性的かつ日本人だなぁと思う人々が「いるんだよなあ、こういう人」と思いながら、後半につれ密室で事件の焦点を紐解いていくというのが想像と判決を導き出す一般市民たちの面白さが出ていた。あと豊川悦司が若かすぎてミッチーかなとか思った。

 

2.くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ

洋画というと、アメリカ産をよく目にしてたけど、たまには他の国の映画と言うのも悪くない。しかもアニメというのもいい。アキラとか攻殻機動隊のようないわゆる日本のアニメも面白いけど、こういう絵本の世界のようなアニメも和ませるものがある。

アニメのいいところは実写じゃ出せない物語の世界もそうだけど、水彩絵の具の動きでの表現や冒頭の鉛筆が描くスケッチなど、作品の世界に引き込みやすいところ。

あと原作が絵本というとろがいい。単純で明快というところは、大人になっても見やすい内容だった。あと風邪引いてても。

あとこのタッチでシリーズで出してくれるといいなあ。毎週見たい。

 

3.ハーブ&ドロシー

映画二本立て続けて見ると、少々アクション系やサスペンスといった物語を見ることに疲れてくる。面白いんだけど、ちょっと精神が追いつかない。

そういう時にドキュメンタリー映画を見る。ハーブ&ドロシーは日本人の方が撮った作品で、ニューヨークで現代アートを購入する有名なコレクターで今はその殆どを寄贈する有名人を追ったもの。

で、これが結構よかった。美大に行ってた頃に見てたら、もっと作品制作をしたいとなったと思うし、今見ても価値観や様々なアーティストの目や感性が出てくるのでそういったところも見ごたえがあって面白かった。それにハーブとドロシーのような人がいるからこそ、アーティストへの評価や作品作りの方向がちゃんと示されている場になっているんだなと、羨ましく思った。よかったですね。

 

4.フリックストーリー

あたりも暗くなった頃、最後に何か見たいな、〆のラーメン的な映画が見たいと思ったので、アラン・ドロン主演のフリックストーリーを見た。いいですね。激しい銃撃戦とか殴り合いを警察側は抑えてあったり、犯人側の力任せな行動と追い詰められて焦りなどの心境が交互に映しあっていて、メリはりのある面白い作品だった。車やガソリンスタンドといったものが多分だけど作品に合わせた1947年ごろのものを使っていたりしていたり、アラン・ドロンやその他の俳優の仕草一つ一つがかっこいい…。ウットリしながらもどうなろんだろうなというのと、終盤の犯人との交流といった最後の最後までかっこいい映画だなぁ、と思った。

 

しかし1日4本も映画を見るのは大変疲れた。風邪引いてたのに無理なことせず、休んだほうがいい。このあと2日寝込んだ。(2017-2/7)