残骸

感想文と日記です

日記

朝から晩までつらい事ばかりだった。「平成最後の年末」っつうのが何か鬱陶しいんだが、としても12月頭でつらい事が「朝から晩まであった」というのは出だしとして悪すぎ。

 

まず朝は起きた時間が11時。スロースターターだけどこれは痛手。いつも遅い時間まで仕事して遅い時間に寝るのはよしとして、土曜日の休みに朝起きるのが遅いのは損した気分である。

よく寝れたからいいじゃんか、という事も思えるが何か損した気分がある。色々やれたのでは?と、昼頃に思って落ち込むからだろう。

昨日は急いで仕事を終わらせたのに、買ったパンを仕事場に忘れてきたのが、更につらい朝になった。とりあえず仕事場まで車を走らせても、休日の悪夢こと、イオンの大渋滞に巻き込まれるのは確かなので、とりあえずパンは夕方に取りに行くことにした。

急いで仕事をするというのも、金曜日までに月曜・火曜日には上長に提出する案件がドサドサと舞い込んでくる。プレミアムフライデーって言いながら毎週金曜日は血眼になって終えている。しかし昨日急いで終わらせたというのも法事の為のスーツが着れるか確認しないといけなかった。にもかかわらず、帰宅後は死んだようにシュウマイを口に入れて寝てた。とりあえずスーツは着れたけど、半年もしないうちにスーツがブカブカになっていた。瘦せたことに感激はしたけど、ブカブカのスーツの格好の悪いこと。もう一着も出して着たがどちらもブカブカだった。

法事は急に寒くなった為か、寺の中がとても冷えた。一応ヒーターのそばにいて厚着したのが功を奏した。

が、その帰りは大渋滞。マクドナルドが何かイベントなのか無料配布なのかはわからないけど、ドライブスルーで長蛇の列。何に夢中なのか、よくわからないがそんなにまでしてマクドナルドへ行く価値があるのだろうか。逆に歩いて行った方が良いんじゃ?とか思ったりして、40kmのスピードでフラフラ走る爺さんとか、めっちゃ車間距離を空けてボケーっと走る女の子、イライラして猛スピードで煽り急ブレーキをかけるプリウス大学生太郎などなど、休日の魔物達をなんとか振りほどいて家に帰宅した。

すっかり暗くなって、パンを忘れたことをハッと思い出してまた車を運転する。とても疲れた。それにちょっとショッキングなこともあった。これは死んでも言えないが。

 

思い返して一日を記録してみたが、本当に出だしの悪さに今月が思いやられそう。

明日は部屋の掃除をしようと思ってはいるが、ボサボサの鳥の巣のような頭も何とかしないといけない。有給休暇も多分年末までお預け。嗚呼、女の子とデートとかしたいっ!

 

トホホ…